2015年 10月23日

紙ベースでの印刷・複写・保存・送付が可能となり、誰でも取り扱えることから、何かと便利で重宝します。音声データの雑音や無音部分がカットされ、無駄のない高品質のデータとなりますので、以後の作業効率が高まります。
流し読みなど、聞くより短時間で読解が可能となります。テキストデータを、レポートや論文や広報、それにブログにも反映させられます。音声データはメディアやハードディスクの容量を大きく消費しますが、テキストデータの容量は圧倒的に小さくなりますので、コンピュータの負荷が少なくなり、データの受け渡しも短時間で完了できます。テキストデータはコンピュータ処理が大得意、集めた貴重な情報をマーケティング等に有効活用できます。